【湘南校舎ラグビーフットボール部】4年生特集vol.3(佐藤颯人・内舘修蔵)

【湘南校舎ラグビーフットボール部】
4年生特集vol.3(佐藤颯人・内舘修蔵)

20230613_213722.jpg

 谷口宜顕主将(体育学部4年)率いる新チームがスタート。悲願の大学日本一に向け「燈」(ともしび)をスローガンに掲げ、日々練習に励んでいます。
今回は湘南校舎ラグビーフットボール部とコラボした連載企画を掲載。月間で最終学年を迎えた選手たちを1年間にわたり紹介していきます。

佐藤颯人「最高の同期と選手権優勝を掴み取る」
圧倒的な練習量で日本一のスクラムを目指す佐藤颯人(同)。
今シーズンにかける思いを聞きました。

1686659604345.jpg

〇ここまでの3年間を振り返っていかがですか。
→公式戦にはほとんど出てないですし、もらったチャンスも生かせなかった。周りがAチームで出ていく中で、自分は出場できていないので悔しい3年間でした。

 ◯東海大学の印象を教えてください。
→やはりすごくレベルが高いです。高校時代はレギュラーで出場していて、正直自信持っていましたが、井の中の蛙じゃないですけど、すごくレベルの高いところだなと思いました。FW陣はみんな「東海のFW」っていうプライドを持って常にプレーしています。スクラム、モールは僕らの一番負けちゃいけないところ。他には譲れない、譲りたくないという気持ちを持っています。

◯チーム、個人で掲げている目標を教えてください。
→チームとしては、まず全国大学選手権優勝です。東海大がいまだ成し遂げていないので、今はそれに向かってチーム一丸とやっています。個人の目標としては日本一のスクラムを体現するということです。日本一になるため、僕がチームに対して貢献できることだと思っています。 

◯昨年の春季交流大会 対明治大戦で公式戦に出場した感想を教えてください。 
→ベンチから見ていても感動しましたし、プレーしていて凄く楽しかったです。相手も明治大学ですし、そこに対して勝てたということ、ファーストジャージーを着れたことは一つの自信になりました。この経験でもっともっとやらなきゃいけないなっていう気持ちにもさせてくれました。

◯試合にで続けるために努力していることを教えてください。
→やっぱり僕に求められるものもはスクラムなので、今はどこの3番にも負けないようにトレーニングを頑張っています。

◯仲の良い選手を教えてください。 
→FWはみんな仲良いです!フロントローとして凄くきつい練習をみんなで乗り越えてきたので、絆は固いと思います。だからこそこのFWで日本一を取りたいという、すごく強い思いがあります。 

 ◯最終学年に書ける思いを教えてください。 
→泣いても笑ってもラスト1年間なので、必ず日本一を取りたいと思っています。

◯3年間で成長しと感じる部分を教えてください。 
→やっぱりセットプレーですかね。特にスクラムです。他の大学よりも多くの練習をしてるとしてます、それを続けてこれたことは自信に繋がっています。 

◯3年間で思い出に残ってる試合を教えてください。 
→自分が出た試合だと昨年の明治大学戦で、他にも去年の筑波大学は印象に残っています。スタンドで見ていてすごく悔しかったし、戦っている選手たちが涙を見て、自分ももらい泣きしちゃいました。また、来年必ずこの場所に自分が立ってプレーしてやるという思いになりましたね。4年間の目標の一つとして、ファーストジャージーを着て国立に立ちたいという思いがあるので、最後に実現させたいです。

 ◯憧れの先輩や選手を教えてください。 
→同じフロントローの木村星南選手(2021年卒・東芝ブレイブルーパス東京)や、 土一海人選手(21年度卒・日野レッドドルフィンズ)などお世話になった先輩方です。リーグワンで戦ってるのを見て、自分も頑張ろうという気持ちになります。

◯オフの過ごし方を教えてください。
→買い物行ったり、遊びに行ったり、めちゃくちゃ寝たりですね笑。疲れをとってりリフレッシュしてます。自分は服が好きなので、同期と一緒に行いくこともあります!

◯日本一という目標に向けてどのように貢献したいですか。
→最前線で出てチームのためにできること、自分が置かれている状況をしっかり見て、自分が今何を求められているプレーをしたいです。最善を尽くして、日本一に貢献したいです。

◯最後に今シーズンに向けた意気込みを教えてください。
→やはりこの同期と日本一を掴み取りたいという気持ちは強いです。あと家族には、自分が出れなくてつらい時期も、距離は離れていますけど支えてもらったので、最後自分が試合に出て家族に恩返しできるように頑張りたいです。


内舘修蔵 【FLとして再出発!最終学年で覚悟見せる】
自慢のスピードを武器にFLへ転向して試合出場を狙う内舘修蔵(同)。
今シーズンにかける思いを聞きました。

1686659601720.jpg

〇この3年間を振り返っていただいていかがですか。 
→悔いとか後悔もいっぱいありますけど充実した3年間を過ごしています。自分の良し悪しを教えてくれて、それを直そうとする練習が高校時代では少なかったので、周りと比べて自分のことを見つめることを大学に来てからしてできているなと思っています。

〇全国レベルの東海大でのプレーを通してどう感じていますか。
→高校で終えていたら経験できなかったことばかりです。全国レベルの選手も多く、入学当初は同期に教えてもらいながら成長することが出来ました。最初の方、1年生の時とかずっと教えてもらい、同期にも教えてもらいながら積んで本当にそれを成長という意味ではほんとに良かったなと思います。

〇今シーズンの目標を教えてください。
→ファーストジャージーを着ることです。4年生になってHO(フッカー)からFL(フランカー)にポジションを変えました。自分の武器であるスピードを活かして、いち早く適応できることも頑張りたいです。

〇ポジション変更をするにあたって不安はありましたか。
→正直不安も大きかったです。ラインアウトのリフトも投げる側だったので、全く違った視点のプレーは毎回緊張します。今は適用するのに必死という感じです。同じポジションにはいい選手も多いので、運動量と体張り続ける必要があると思います。

◯ポジション変更でどういった変化がありましたか?
→ハンドリングの早さなど、違うポジションから見るラグビーの違いも分かってきました。これもまたラグビーを広く知ることができました。

〇アピールポイントを教えてください。
→フィジカルとスピード、それとタックルです。特にピードはだいぶ自信持っています。ポジション変更をして自分のスピードが持ち味だと実感が湧き始めています。逆にディフェンスのシステムにうまくはまっていなくて、規律を守れてないことが大いのでそこは改善していきたいです。

◯ご自身の中で一番成長したと感じる部分を教えてください。
→体をいままで以上に張らなきゃきゃいけない環境に置かれたので、タックルとかブレイククダウンで、高校の時以上に成長したと感じています。

◯応援してくれる方々に見て欲しいプレーを教えてください。
→ディフェンス頑張っているので、そこをみて欲しいです!

◯憧れの先輩や選手を教えてください。
→石橋慎吾選手(2022年度卒・東京ガス)は昨年まですごくお世話になりました。ポジション変更する前は同じフロントローとしてラグビーのことを教えてもらいまし、4年生になってレギュラーとして活躍している姿を見て、自分も頑張らないとと思うようになりました。

◯最終学年に懸ける思いや意気込みを教えてください。
→自分の苦手なところを潰して、自分の強みに生かしたいです。繰り返し努力を続けて、最終にはジャージ着て仕上げたいなと思います。

◯オフの過ごし方を教えてください。
→自分は結構インドアななので映画を家で見たりしています。友達から誘われたら行きますけど、休む時は休むって感じです。

◯日本一の目標を達成に向けてどのように貢献したいですか。
→今は4年生でリザーブっていうポジションですけど、先輩として下級生を盛り上げていくことができれば、チーム全体の勝利に繋がると思います。

◯後輩の活躍をどのように感じていますか。
→自分がFLになると決めたときに、薄田周希(同2年)の存在は意識しました。フロントローでも杉浦皓亮(同)、原口慎太郎(同)といった世代別で日本代表候補にも選出されている選手もいますし、後輩たちの頑張りがチームの底上げに繋がっていると思います。

◯最後に今シーズンへの意気込みを教えてください。
→ただガムシャラに頑張るだけの4年生は上に行けないと思います。最後まで自分なりに考えて少ない時間のなかで挑戦して全力で頑張りたいなと思っています。

関東大学春季交流大会も終え、集大成を掛けたシーズンへ!
大学日本一を目標に戦う最終学年の選手たちに注目です!

(記事=塩澤、写真=湘南校舎ラグビーフットボール部)

コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

東海スポーツ編集部の公式ブログです!東海大に在籍している学生が、東海大運動部の試合結果や特別企画などを通して選手の活躍を発信しています!

【問い合わせ先】
tokaisports.official@gmail.com

※当団体が撮影した写真の転載及び二次利用は禁止となっております。

月別アーカイブ