【湘南キャンパス女子ハンドボール部】秋季リーグ戦直前特集②🧜‍♀️ 大田歩果✕佐藤愛

秋季リーグ戦直前特集②
開幕まであと2日!!

 関東学生秋季リーグ戦が今週、8月26日(土)に開幕する。今年4月に行われた春季リーグ戦では惜しくも2位となり、優勝まであと一歩届かなかった。それでも経験豊富な4年生3人を中心に、秋季リーグ戦の優勝、そして全日本学生選手権大会(インカレ)での初優勝に向け、ここまで厳しい鍛錬を積み重ねてきた。今秋雪辱を果たすべく、スタメンが予想される7人に春季リーグ戦の振り返りと秋季リーグ戦の抱負に迫った。
 
 
【連載】第2回 大田歩果 ✕ 佐藤愛
 
20230815160154bf1.jpeg
左・佐藤愛 右・大田歩果
 
 第2回の今回は、ともに2年時の春季リーグ戦からスタメン出場を続ける、大田歩果(体育学部3年・左サイド)と佐藤愛(理学部3年・ポスト)の3年生コンビ。昨年度の大きな経験を力に、今年度の春季リーグ戦でも主力選手としてチームを大いに支えた。栗山雅倫監督(スポーツプロモーションセンター教授)が「3年生がしっかりしているチームは安定する」と語るように、この2人のさらなる成長が、チームをより高いステージへと導いてくれるだろう。
 
 
春季リーグ戦を振り返って🧜‍♀️
 
それぞれ春季リーグ戦を振り返ると
 
大田 課題がいっぱいあるから、悔しい気持ちとかはあんまりないかな。自分たちの良さを自分たちで潰していたから、秋はそれを無くせるようにしたいです。相手が機動的なディフェンスをしてきたときに、それに合わせて得意なカットインができなかったり、ポストとの2対2を狙いすぎてそこを突かれたりとか、我慢できないことで自分たちの得意なオフェンスもできなかったことが大きな課題です。
 
佐藤 悔しいというか、もっとできたよねという気持ちです。ディフェンスはチーム全体で力を入れていますが、春は自分たちに軸足を置いてディフェンスできてなかったし、相手に対して自分たちのやるべきことができてなかったから負けにつながったと思います。
 
 
秋季リーグ戦を制するために
 
大田 オフェンス面は4年生に頼りすぎている面があるので、(佐藤)愛が速攻で点数を取ったり、自分も速攻やセットプレーでフローターの4年生にもっと絡んでいくことが必要だと思っています。
 
佐藤 まだ現状に満足している部分があって、去年優勝できたからっていうのがあったと思うし、できるだろ、これくらいでいいだろ、という甘い気持ちを変えていくことが大事だと思います。
 
 
春のリベンジへ、秋の意気込みを
 
大田 リーグ戦では得点王争いに絡めるほど点数を取ります!私がチームを勝たせます!インカレでも今年こそは全部勝ちます!
 
佐藤 とにかく全部守り切りたいですね、チーム全員で。練習はやってないわけじゃないし、他の大学に比べても相当タフなことをやってきてるから、それに見合った結果を自分たちが出せたらなって思います。去年インカレでセンターコートに立って、結果負けたけど、それは悔しいし、やるからには勝ちたいし、1番がいいし。だから今年はインカレでも勝てるように頑張ります。
 
 
佐藤さんはディフェンスだけでなくオフェンスにも?
 

佐藤 (栗山)先生からも、「もっと積極的に攻撃に絡め」ってよく言われるんですよ。実際、自分で「苦手だな」って意識しているから抵抗する部分もあって。でもチームが勝つためには攻撃にも絡んでいかないといけないし、チームがいい方向に進んでいくためにも自分がもっと努力します。


202308151602156a4.jpeg
△佐藤はディフェンス面で絶対に欠かせない存在(右)

現在はディフェンスに専念しているが、オフェンスにも高い意欲を持っている

 
 
チームについて🧜‍♀️

2人がいる3年生はどんな世代ですか

大田 特に尖った人がいない、平和な。

佐藤 とても平和です(笑)

大田 一緒にいて争い事も起きないし、ケンカとかも全くなくて。私はやりたがりなので、「なんかしよ」「ごばん食べよ」ってよく言ってます。最近だと七夕祭り。それに3年生皆で行こうってなったんですけど、彼女(佐藤愛)はちょうど熱を出して、皆で屋台食べているときにビデオ通話をしました。せっかく久しぶりにみんなで集まるチャンスだったのに~。

佐藤 すみません💦
 
 
続いて、チームの大黒柱である4年生はどんな先輩たちですか

大田 4年生は指摘するのが苦手だけど、苦手なりに自分たち3年生にも強く言ってくれて。引っ張ろうというのは凄い感じるので、最後までついていかないとなって思います。

佐藤 4年生は自分ら3年生と違ってレベルが高いから、プレーでチームを引っ張ってくれています。

大田 あと最近は、栗山先生から「コミュニケーションをたくさん取れ」ってよく言われていて、4年生が中心となってコミュニケーションを取ってくれたり、指摘の声が無かったら各学年に厳しく言ってくれます。
 
 
2人も積極的にコミュニケーションを?

大田 まだまだですね。4年生と比べてもプレー面がまだ追いついてないというか。先輩たちに指摘するにも躊躇してしまう部分があります。

佐藤 言っていいのかなっていう気持ちがあったりして。自信がないというか。

大田 自分たちがもっと成長して、それを無くしていきたいです!

20230815160221e16.jpeg
△チームの元気印である大田
昨年度のキャプテン・内藤ひな選手(22年度卒・香川銀行)の明るい魂を受け継ぎ、秋ではもっとチームを照らしてくれるだろう

 
2人の関係性について🧜‍♀️
 
まず最初に、お互いの好きなところ?

大田 全部を愛しています。

佐藤 全部です(笑)
 
 
お互いの直して欲しいところは?

大田 彼女、対応が塩なんですよ。私がどんだけ熱烈な愛を語ったとしても、「はい、はい」って。そこは直して欲しいですね(笑)

佐藤 私は無いかも。ないですね。

大田 相思相愛です(笑)
 
 
いつぐらいからそんな親しい仲になったんですか?
 
大田 お互いがAチームに上がって、一緒に遠征行くようになってからかな。

佐藤 遠征行くようになって、一緒にいる時間が増えて。なので大学1年の中盤くらいから一気に仲良くなっていったと思います。
 
 
過去を遡って、最初の印象は?

佐藤 怖い。仲良くなれない。

大田 お互いがビビってましたね(笑)
 
 
時を経て今の印象は変わりましたか?

大田 意外と面倒くさがりです(笑)。前はきっちりやってそうな印象だったんですよ。でも意外とルーズというか、終わり良ければ全て良しです、彼女。

佐藤 意外と感情をストレートに言ってくるので、分かりやすい。扱いやすい。

大田 うるさいわ(笑)
 
20230815160137c0f.jpeg
取材中も本当に仲睦まじい2人
 
続いて、尊敬しているところは?

大田 理学部(笑)。
言葉では言えないんですけど、常に尊敬はしてますね。自分のプレーを強く持ってるところとか。

佐藤 私も常にリスペクトは持ってますね。何かは分からんけど、でも尊敬はしてるよね(笑)
 
 
お互いに思うそれぞれの良いところって、なにかありますか?

大田 何があっても私の味方でいてくれますね。必ず肯定してくれます。で、その後親身になって寄り添ってくれます。

佐藤 ベタな言い方だけど、「友達が歩果以外居なくても、歩果さえいればなんとかなる」、そんな感じです(笑)。ほぼずっと一緒にいるから、歩果との時間が生活の一部です。
 
 
一緒にいるときどんなこと話すんですか?

佐藤 ほんとたわいのないことですね。

大田 コロコロ変わります。1つの話題に話す時間は3分ないかな。「話変わるけど」って言って、どんどん話変わりますね。基本的に私が喋ってます。

佐藤 「すぐその話してたっけ?」なります(笑)。自分が急にしゃべり出して、急に話題を変えるときも多いかなって感じです。
 

将来的に、今後も一緒にいたい存在ですか

大田 2人で同じチームに行きます!(進路は未定)

佐藤 行けたらね(笑)、行けたらだよ。

20230815160200801.jpeg
△どんなときも苦楽をともにする相思相愛コンビ💛


(記事・写真=柳内紀輝)

コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

東海スポーツ編集部の公式ブログです!東海大に在籍している学生が、東海大運動部の試合結果や特別企画などを通して選手の活躍を発信しています!

【問い合わせ先】
tokaisports.official@gmail.com

※当団体が撮影した写真の転載及び二次利用は禁止となっております。

月別アーカイブ