【湘南校舎硬式野球部】首都大学野球秋季リーグ戦第7週 対城西大学戦

逆転を許し、悔しい一敗

10月14日 対城西大学 @バッティングパレス相石スタジアムひらつか

東海 000 011 000 =2
城西 000 004 00☓   =4×

【打】
1(中)金城飛龍  (体育学部4年)
2(二)森球紀   (同)
3(遊)大塚瑠晏  (同2年)
4(一)石川龍平  (同4年)
5(右)東海林航介 (同)
6(三)大松柾貴  (同3年)
7(指)鵜沼魁斗  (同)
8(左)植本拓哉  (同)
   打左  関悠人     (同2年)
    打  新井流星    (法学部2年)
9(捕)柳元珍   (体育学部2年)
    打    田所徹   (同3年)
      捕     白川航也  (文学部4年)

【投】
●  米田天翼 (体育学部1年)
    若山恵斗 (同2年)
    山口優星 (同1年)
    諸隈惟大 (同3年)

今リーグ戦最終戦の相手は、今季より1部に上がってきた城西大学だ。
打線は、2回に6番・大松、7番・鵜沼の連打で二死1・3塁のチャンスとしますが、得点にはならなかった。

得点のチャンスが巡ってきたのは5回。二死から1番・金城が四球で出塁すると、2番・森の適時三塁打によって先制点を獲得した。
さらに、6回には、先頭打者の5番・東海林が第1号のソロ本塁打を放ち、さらに1点を追加した。
48214_0.jpg
△主将・森の一発
48215_0.jpg
△貴重な一本を放った東海林

先発は、今季6試合目の登板の米田だ。
1、2、4回を三者凡退で終えた。5回には、先頭打者に安打を許し、三塁まで進まれるも力強い投球で無失点に抑えた。
だが、6回に二死2塁の場面で、四球と2連打を浴び、米田は、5回2/3で降板した。このピンチに登板した若山は勢いに乗る城西打線を止められず、2連打を許しさらに2点を献上したところでマウンドを山口に託した。
山口は、打者をセンターフライに打ち取り6回を終えた。
48216_0.jpg
△先発の米田


7回からマウンドに上がった諸隈は、7・8回に走者を塁に出すも、無得点に抑えた。
48217_0.jpg
△城西打線を抑えた諸隈

攻撃は、7回以降、2塁を踏ませてもらえず、追加点を入れられず、黒星となった。

試合後井尻監督は、「1つの回に大量失点してしまうことが課題だ。次戦に向けしっかりと調整を行っていく」と話した。
48218_0.jpg

☆次戦は、10月21日にバッティングパレス相石スタジアムひらつかにて13時30分より城西大学との試合です。応援よろしくお願いいたします。

(文・写真=小沼)


コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

東海スポーツ編集部の公式ブログです!東海大に在籍している学生が、東海大運動部の試合結果や特別企画などを通して選手の活躍を発信しています!

【問い合わせ先】
tokaisports.official@gmail.com

※当団体が撮影した写真の転載及び二次利用は禁止となっております。

月別アーカイブ