秋季リーグ戦・大東文化大1回戦(○2-1)【硬式野球部】

小笠原の適時打で逆転勝利
関東地区大学選手権大会出場決定!

  10月15日 vs大東文化大1回戦(○2-1)
  東海:000 001 010=2
  大東:000 010 000=1

   打 安 点
  (右)景山  4-1、0
  (遊)田中広  4-2、0
  (二)吉川   4-1、0
  (捕)伏見   2-1、0
  (指)鈴木翔  4-3、0
  (一)小笠原  2-1、2
  (三)坂口  3-1、0
   三 鈴木昂 1-0、0
  (左)高井   3-0、0
  代打 原   1-0、0
   左 石川  0-0、0
  (中)大塚   3-0、0

       回 被安 自責  
(投)○菅野  9  5  1


 春のリーグ戦で、空き週を挟んだ次の試合で負けを喫すという悔しい経験をしただけに、選手たちも意識して臨んだ一戦。
 先発菅野智之(体4)が5回に四球から安打で1点を許したが、その直後の6回に、この回先頭の吉川佳祐(体3)が安打で出塁。続く伏見寅威(体3)の犠打、鈴木翔(体4)の安打で1死一、三塁の好機を作った。「チームとしては苦しい展開だった。とにかく走者を返そうと思った」という小笠原涼介(体3)の犠飛ですぐさま同点に追いつく。さらに、8回には2四球と鈴木翔の内野安打で1死満塁とすると、小笠原の適時打で逆転に成功した。
ここまで全試合でスタメン出場をしているが、帝京大1回戦での安打のみとバットからはなかなか快音が聞かれなかった小笠原。それでも、「ずっと使ってもらっていたので、なんとかしたいとずっと思っていた。今日は打ててよかった」と安堵の表情を見せた。
5回に1点を失った菅野だが、その後は三塁すら踏ませず、5安打10奪三振で今季4勝目を挙げた。
 東海大はこれで2位以上が確定し、第7回関東地区大学野球選手権大会の出場権を手にした。「次のステージに行く権利は得たので、まずは明日勝ってリーグ優勝を決めたい」と横井人輝監督(東海大職員)は意気込んだ。


NEXT GAME……
10月16日 13:00~ 平塚球場 vs大東文化大








コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ