【硬式野球部】首都大学秋季リーグ戦 第6週 日体大1回戦

日体大の全勝止めた! 5投手の継投で完封勝利

首都大学秋季リーグ戦 第6週 日体大戦 1回戦
10月9日(日) 熊谷運動公園野球場
日体大:000 000 000=0
東海大:010 000 03X=2

GAME REPORT


1 左 北岡達樹(文4)
2 三 串畑勇誠(体1)
  H三 藤原暁人(文4)
3 指 横江大聖(体4)
  R 平山敦規(体3)
4 一 平山快(体3)
5 遊 杉崎成輝(体2)
6 右 加藤樹(体3)
  H右 平井練(体2)
7 二 國谷翔汰(文3)
8 中 宮地恭平(体2)
9 捕 石塚連太朗(体3)


  右 青島凌也(体3)
○  左 横川楓薫(体3)
  右 原田泰成(体2)
  右 吉川雄大(体3)
  左 飯嶋海斗(体3)

ついに迎えた最終週、相手は全勝中の日体大だ。関東大学選手権大会に出場するには、現在3位の東海大が勝ち星を得て、現在2位の筑波大が勝ち星を落とし、代表決定戦を勝ち抜く必要がある。
負けられない1戦の先発を担ったのは青島だ。安藤強監督(東海大職員)から、「0点に抑えてこい」と背中を押され、マウンドに上がった。


△青島が試合の流れを引き寄せる

伸びのある直球で3回打者9人に対し5奪三振を奪う、最高の形で横川へバトンパス。

2番手の横川は毎回得点圏に打者を背負うものの、内野の連携にも助けられ、3回無失点で切り抜けた。


△横川が丁寧に打ち取った
   
  
打線は2回、先頭打者平山快が死球で出塁し、杉崎が犠打をきっちり決める。このチャンスをものにしたのは7番國谷。「相手投手の直球に振り負けないようにしようと、この1週間練習を積んできた」と狙い通り直球を左中間に運び、先制点を挙げる。


△力強いスイングを見せる國谷


△先制の本塁を踏む平山快

最大のピンチは7回、この回から登板した原田は四死球を許す。吉川が後を継ぐも、1死2,3塁とピンチは広がる。ここで続く打者に選択したのは敬遠。満塁の緊張感が漂う中、内野はスクイズを警戒し前進守備を取る。警戒通り、二塁へ走り出した走者を三塁でタッチアウトにすると、続く打者を見事三振に打ち取り、吉川は吠える。「いつでも出られるように常に準備している。調子もよかったので、今日のような場面でも落ち着いて投げることができた」と話した。


△吉川がピンチの場面を切り抜けた

   
  
8回には先頭打者横江、続く平山快が連打でチャンスをつくる。1死二,三塁から平井が、「第1打席でタイミングは取れていた。チャンスをつくってくれたので、この打席ではなんとかつなごうと思っていた」と、右中間へ巧みに運び1点を追加。


△チェンジアップを弾いた平井

   
   

さらに宮地がダメ押しの2点適時打を放ち、勝利を決定づける。
 
△宮地の適時打で日体大を突き放す 
  
5投手による継投リレーのアンカーは飯嶋が務め、無失点に抑え込み、日体大の全勝優勝を阻止した。


△試合を終え、安堵の表情を見せる飯嶋と石塚

  
  
安藤監督は、「今日は声も出ていたし、初球からスイングするなど、最後まで一生懸命戦おうという姿が全面に出ていた。この1週間は相手投手のキレのある直球を警戒し、打撃練習に力を入れてきた成果が出せた」と振り返った。
  
  
  

PICK UP PLAYER 國谷翔汰
「1番最後までグラウンドにいるようにしている。練習量は誰にも負けない自信がある」そう力強く語った國谷。
今年から練習時間が変わったことに伴い、自分の時間が増え、自主練を増やし弱点補強に取り組んだ。
元々遊撃手だが、「空いているところならどこでも入る」と今季は二塁手、三塁手としても出場。柔軟な対応力も積み上げた練習の成果だ。

この日の試合ではチャンスの場面で適時打を放ち、チームに勢いをもたらした。



「やってきたことが出せて、この適時打は自分でもしびれた」と振り返った。

「まだ関東大会へのチャンスはある。チームが成長するためにも、関東大会を経験したい。2回戦も確実に、何としても勝つ。」練習はうそをつかない。國谷がそれを証明する。

☆最終週 日体大との2回戦は、10月13日 12時より浦安市運動公園野球場にて行われます。最後まで応援よろしくお願いいたします!
(取材、記事=菊地、南雲)





コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

東海スポーツ編集部の公式ブログです!東海大に在籍している学生が、東海大運動部の試合結果や特別企画などを通して選手の活躍を発信しています!

【問い合わせ先】
tokaisports.official@gmail.com

※当団体が撮影した写真の転載及び二次利用は禁止となっております。

月別アーカイブ