Jリーグ内定者3選手の活躍に期待!!!【東海大サッカー部】

 黄色と黒のユニフォームをまとっていた3選手が、活躍の舞台をJリーグに変える。MF川島大地がJ1の鹿島アントラーズに、DF大原卓丈とFW佐藤晃大は共にJ2徳島ヴォルティスへの入団が決まった。目指すは“レギュラー入り”。3月7日の開幕を機に、それぞれの新たな挑戦が始まる。

【鹿島アントラーズ】2008年度にJリーグ連覇を果たした鹿島アントラーズは、史上初の三連覇を目指し、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)やナビスコカップなどのタイトルも狙う。全18チームで34試合行われるリーグ戦と、ACLなども加わる関係で過密日程となるが、試合数が多い分、川島自身も1年目から多く試合経験を積めそうだ。


#33 MF川島大地 
 ドリブル突破やパス精度の高さが持ち味で、独特なボールタッチと巧みなフェイントで敵をあざむけば、観客席からは歓声があがる。創造性あふれるプレーで“魅せる”選手だ。「まずは試合に出ることが目標。試合に出たら、見ていて面白いプレーをしたい」。

1986年11月21日生まれ、168臓64繊〕?足:左
東海大では2年時からスタメンに定着し、当時最多の9アシストで、2部リーグベストイレブンも受賞した。
1部を戦い抜いた3年時では、大原と共に関東選抜に選出。
4年時はリーグ戦の開幕前に左ひざ十字じん帯を損傷してチームを離れたが、後期リーグの4試合に途中出場と、復調を見せた。

3月7日vs浦和レッズ、鹿島スタジアムで16:00キックオフ!!!

 【徳島ヴォルティス】2008年度は順位が振るわず低迷したチームだが、2009年度から栃木SC、カターレ富山やファジアーノ岡山の加盟により、全18クラブで総当たりを行う。リーグは3巡の51試合で、1年間を戦い抜く。DF大原卓丈とFW佐藤晃大は、1部昇格に向けての即戦力として期待されている。


#30 DF大原卓丈
 時々に応じた柔軟性とカバーリングに定評があり、最終ラインを司る大型DF。普段から黙々と練習メニューをこなし、ピッチ内では熱いプレーでチームを引っ張ってきた。危険をすぐに察知し、相手FWを封じ込める。「試合に出るために、体をしっかりと作っていきたい」。

1986年12月6日生まれ、184臓73繊⇒?足:左
1部に昇格した3年時からレギュラーに定着、川島と共に関東選抜に選出された。
4年時ではリーグ戦全22試合にフル出場し、特に後期リーグは完封7、失点6と鉄壁を誇る。2部リーグベストイレブンも受賞した。



#31 FW佐藤晃大
運動量が豊富で、高さとスピードを併せ持つチームの得点源。相手DFの厳しいマークもかいくぐり、得点やアシストで勝利に導いてきた。内に秘めた想いは人一倍強く、“頼れるエース”。「J1昇格に貢献していきたい」と語った。

1986年10月22日生まれ、184臓Γ沓鵜繊⇒?足:右 
1年時から試合に出場し、エースとして頭角を現す。
川島とのコンビプレーで攻撃力がさらに増し、2年時は1部昇格に貢献。2部リーグベストイレブンを受賞した。
全22試合フル出場した3年時では、関東選抜にも選出。
4年時は、2部リーグ新記録となる“7試合連続ゴール”を含めた15得点を挙げ、2度目のベストイレブンを受賞した。

3月7日vs東京ヴェルディ、大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで14:00キックオフ!!!




コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ