【湘南校舎男子バスケットボール部】関東大学新人戦3位決定戦 青山学院大戦

敗戦を糧に
勝利で大会を終える


▲ハドルを組むを組む選手たち

STARTING MEMBER
#11 大倉颯太(体1)
#19
 西田優大(体2)
#28
 津屋一球(体2)
#35
 木下碧人(体2)
#86
 八村阿蓮(体1)
 
GAME REPORT
拓殖大戦の敗戦をうけ、3位決定戦に臨んだ東海大。大会最後となる試合の相手は青山学院大だ。陸川章監督(体育学部教授)が、「修正力のあるチーム」と称えたように、昨日の敗戦を感じさせない勢いあるプレーを今戦では取り戻した。
 
第1ピリオド、攻撃の口火を切ったのは津屋。3Pシュートを華麗に決めると、それに続くように西田、坂本聖芽(体1)も3Pシュートを決め、ラッシュをかける。相手も安定したシュート力を見せるが、リードを渡さない。終盤に津屋が再度3Pシュートを沈め、1915で第2ピリオドへ。
 

▲今試合多くの3Pシュートを成功させた津屋

第2ピリオド、ここでも点の取り合いが繰り広げられる。大倉が3Pシュートを決めると、青山学院大の相原アレクサンダー学選手(1年)も負けじと3Pシュートをねじ込む。残り3分では東海大4点リードだったが、その後青山学院大のファウルが重なったことで、東海大はフリースローで得点を重ねる。3327で前半戦終了。


▲長距離シュートに挑む大倉
 
第3ピリオド、大倉が開始15秒でシュートを決める。相手のタフなディフェンスにも負けず、果敢に攻撃を仕掛ける大倉は開始3分間で3回のシュートを成功させて見せた。それに続くように西田もレイアップシュートで加点すると相手はたまらずタイムアウトを要求。その後も流れは変わらず、西田、津屋の3Pシュートが成功した東海大は17点差と青山学院大を大きく引き離し6043で最終ピリオドへ。


▲ゴール下で活躍を見せた八村
 
第4ピリオド、開始早々に大倉の長距離シュートが成功すると八村もオフェンスリバウンドからのシュートを成功させ、勢いを引き継ぐ。さらに大倉、西田が3Pシュートを成功させ、決定率の高さを見せた。試合残り約35秒で投入された橋和秀(工2)が終了間近にレイアップシュートを決め会場を沸かせ、8058で青山学院大に快勝した。


▲シュートを放つ橋
 
試合を終えて陸川監督は、「失点を60点以内に抑えて勝てたのは良かったと思う」と話し、「昨日の敗戦を今日必死に修正しようとする姿が見られ、結果につながった。とても頼もしい選手たちだった」と称賛した。
今大会主将を務めた木下も、「昨日の悔しさをぶつけようと最初からディフェンスの圧をあげて試合に臨めたので点差も20点近くつけられた。最後は多くのメンバーが試合に出られたので良かった」と話し、大会最後の試合を笑顔で締めくくった。(白子)

コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ