【湘南校舎女子柔道部】全日本学生体重別選手権大会「東海対決を制したのは…」

【湘南校舎女子柔道部】
全日本学生体重別選手権大会
「東海大対決を制したのは……」

【GAME REPORT】
  9月30日(日)に行われた全日本学生体重別選手権大会。女子57㌔級の決勝は竹内鈴(体3)と香川瑞希(体1)だ。「とにかく怪我さえしなければ…」と温かい目で両選手を支えた塚田真希監督(体育学部講師)が見守る中、4分間の決勝戦はスタートした。
  試合開始と同時に両選手の大きな声が響き渡り、積極的に攻めにかかる。先手を打ったのは香川だ。奥襟を掴み、技を果敢に足の間に斬りこもうとするが竹内は華麗にかわし右足を狙う。

△攻めの姿勢を見せる竹内


△技を仕掛ける香川

 互いに攻めの姿勢を見せ寝技に持ち込もうとするが、2回の“待て”が審判から下される。試合が動いたのは、残り時間2分30秒を切るときに竹内が仕掛けた大外刈だ。

△大外刈で打ち破った竹内

決勝までの4試合を全て一本で勝ち進んだ竹内は香川の右足に攻め入り、決勝でも見事一本を勝ち取った。

  竹内はこの日一度もゴールデンスコア(延長戦)に進むことなく、全試合を3分以内に収めるという早い展開で戦った。「まだ学生の大会なので、次は講道館杯全日本体重別選手権大会で勝ち上がれるようにしたい」と先を見据える。準優勝の香川は、「試合だと雰囲気も変わってすごく強かった。今日の負けを全日本学生体重別団体優勝大会に向けて練習に励み、チームに貢献したい」と語った。

△表彰式後の2人の笑顔

  表彰式では2人が肩を並べて笑顔で写真撮影をする場面も。塚田監督は、「練習でも競った戦いをしているのでお互いに良い試合ができていた。竹内は大きな成長が見れた試合になったので、香川はその姿をしっかりと目に焼き付けてまた切磋琢磨してほしい」と安心した表情で話した。竹内と香川は、「体重別団体に向けてよい勢いをつけられた。団体戦に向けて練習を進めたい」と意気込んだ。(吉倉)

なお、その他の結果は以下の通り。
女子57㌔級  香川瑞希(準優勝)
      70㌔級  河内雪乃(2回戦敗退)

コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

東海スポーツ編集部の公式ブログです!東海大に在籍している学生が、東海大運動部の試合結果や特別企画などを通して選手の活躍を発信しています!

【問い合わせ先】
tokaisports.official@gmail.com

※当団体が撮影した写真の転載及び二次利用は禁止となっております。

月別アーカイブ