【湘南校舎男子バスケットボール部】全日本大学選手権記念大会 準決勝 対筑波大

筑波大との激闘制す
2年ぶりに決勝の舞台へ


▲幾度となく東海大の優勝を阻んできた筑波大との一戦

全日本大学選手権記念大会 準決勝 対筑波大 @大田区総合体育館
 
【スターティングメンバ―】
11 大倉颯太(体1)
19 西田優大(体2)
22 笹倉怜寿(体3)
25 平岩玄(政3)
86 八村阿蓮(体1)
 
【試合レポート】
5年ぶりの頂点まであと2勝。準決勝で迎えたのは、何度も東海大の優勝を阻み続けてきた筑波大。序盤筑波大が増田啓介選手(3年)の3Pシュートなどで先行するが、東海大も第2ピリオドからディフェンスの足が動き出す。第3ピリオドの序盤早々に逆転に成功し、その後も平岩や八村などのインサイド陣がリバウンドを取り続ける。最後は、西田の3Pシュートで差を開き7559で勝利。2年ぶりに全日本大学選手権記念大会(インカレ)での決勝の舞台に駒を進めた。
 
第1ピリオド、確率の良いシュートを決める筑波大がリードするも、大倉や八村が果敢にリングに攻め込みファールをもらい、フリースローでつなげる。開始3分には、八村がインサイドからバスケットカウントを決め、東海大に勢いをつける。その後のディフェンスでは、相手のミスを誘う積極的なディフェンスを見せた。しかし、筑波大の山口颯斗選手(2年)のミドルシュートや森下魁選手(3年)のインサイドからのシュートでリードを許す。残り2分に東海大がタイムアウトを取ると、試合再開後に西田の3Pシュートで差を縮め、1320で第2ピリオドへつなげた。


▲八村の積極的なゴールへのドライブ
 
第2ピリオド、寺嶋良(体3)がファールをもらいフリースローで得点する。関東大学リーグ戦からセカンドユニットとして出場する寺嶋の持ち味は、相手コートから相手にプレッシャーを与えるディフェンスだ。「相手に思い通りのことをさせないディフェンスをして、速攻で走るのが東海大の流れだと思う。流れにつながるプレーをすることが自分たち(セカンドユニット)の役割だと思うし、それを全うできた」と寺嶋。寺嶋が攻守に勢いをつけると、寺嶋に代わった笹倉がミドルシュートを連続で決め差を詰める。2428と4点のビハインドで第2ピリオドを終える。


▲東海大の武器である寺嶋のディフェンス
 
第3ピリオド、ハーフタイムに「追いつくことが目標じゃない。追いつき追い越すことが必要だ」と話した陸川章監督(体育学部教授)の言葉を体現するように、八村のフリースローから始まり、大倉、平岩、また八村と4連続得点で逆転に成功。開始2分強で怒涛の7得点に、筑波大はタイムアウトを要求した。再開後も、相手を24秒バイオレーションにさせる好ディフェンスを見せると、西田や八村がオフェンスリバウンドからシュートを入れた。第3ピリオドでも笹倉は、リングに攻め込みファールを受けフリースローを獲得。このピリオドで得た4本のフリースローを確実に沈めた。本人は「いつも緊張しているばかり」と話すフリースローだが、「周りの選手がリラックスさせてくれているので入っていると思う」と試合後ににこやかに話した。そんな堅実なプレーが魅力の笹倉のアシストから鶴田美勇士(体4)がゴール下からシュートをねじ込み、5046と4点のリードで第3ピリオド終了。


▲笹倉の安定したプレーがチームを引っ張る
 
第4ピリオド、チーム全員が素早くパスを回し、フリーでボールが回った笹倉が3Pシュートを決め得点すると、その後出場した寺嶋が速攻を決める。八村もミドルシュートで加勢し、9点差をつけた開始4分ごろに筑波大がタイムアウトを取る。しかし、流れはかわらず八村がゴール下でリバウンドを取り続けた。ついには、オフェンスリバウンドからバスケットカウントを決め一気に得点に火をつけると、大倉のミドルシュートや平岩のインサイド、西田の3Pシュートで差を広げる。残り1分のところで、内田旦人(体4)、秋山皓太(体4)、松浦翔太(体4)、鶴田の4年生陣が出場。最後は、松浦がシュートを決め試合終了。7559と、終わってみれば失点を60点以内に抑えるディフェンスの勝利で決勝進出を果たした。


▲ドライブで切り込む西田
 
2年ぶりに決勝進出を果たした東海大。試合後陸川監督は、「序盤は組み立てられた筑波大のバスケットを展開された。しかし、うちの強みであるディフェンスから逆転することができた。ディフェンスの勝利だと思います」と振り返った。インカレでは、どの選手も「強みでありそれが東海大のバスケット」と話す強固なディフェンスからの素早いオフェンスからの得点が、3回戦の明治大戦から見られるチーム。決勝で待ち受けるのは専修大。圧倒的なインサイドを誇る留学生に加え、多彩なスキルを持つシューターが所属する超攻撃型チームに、東海大がチーム一丸となって立ち向かう。


▲チーム一丸で優勝を目指すチーム

(取材:山野、白子、森田、増田 記事:森田 写真:森田)

コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

東海スポーツ編集部の公式ブログです!東海大に在籍している学生が、東海大運動部の試合結果や特別企画などを通して選手の活躍を発信しています!

【問い合わせ先】
tokaisports.official@gmail.com

※当団体が撮影した写真の転載及び二次利用は禁止となっております。

月別アーカイブ