【湘南校舎男子ラクロス部】関東学生リーグ2部Bブロック第1戦 対上智大

リーグ戦開幕!悔しい引き分け

関東学生リーグ2部Bブロック第1戦 対上智大 @東京農業大学世田谷キャンパスグラウンド
△東海大7-7上智大
(1Q:1-3.2Q:2-5.3Q:5-5.4Q:7-7)

【試合レポート】
 1部昇格を目標とする湘南校舎男子ラクロス部は、入れ替え戦に進出するためにリーグ2位以上を狙う。大事になる初戦はあまり対戦経験のない上智大。試合は一進一退の攻防となった。

jouti2.png
▲試合前、整列する選手たち

 試合開始のフェイスオフで相手にボールを奪われ、相手にポゼッションされる。渡邊太郎監督(東海大職員)は、「試合に入るまでの準備がしっかりできていなかった」と、公式戦の初戦ということもあり緊張が見える東海大は、角度のない所から相手に簡単にショットを打たせてしまいあっさり先制を許す。直後に東海大もに反撃。3分。相手のディフェンスがファウルを犯し、1分間の退場となり1人多い状態になると、阿萬野慎介(体2)が強烈なショットをゴール右上にたたき込み同点とする。しかし、8分に相手の速いパス回しに崩され、ゴール前でフリーとなった選手に得点を決められ1-2となる。直後のフェイスオフでフェイスオフリーダーの関口楓(情理4)が負傷交代となってしまい、東海大にとって苦しい展開が続く。10分に相手に追加点を許し1-3と2点ビハインドで1Qを終える。

jouti.png
▲1点目を挙げた阿萬野

  2Qの6分に相手ディフェンダーのファウルで1人有利になった東海大。藤井拓夢主将(体4)がゴールネットを揺らし得点かと思われたがボールは惜しくもサイドネットに。それでも、8分に村山弘樹(体4)からパスを受けた大西貴也(工4)が素早い動きで相手ディフェンスを置き去りにし右サイドからのショットを沈め2-3と1点差に迫る。しかし渡邊監督が、「(選手たちは)グラウンドボールが起きる予測がよくできていなかった。相手のほうが反応が早かった」と振り返るように、グラウンドボールをなかなか拾えずマイボールにすることができない。そこから相手に主導権を握られてしまい、8分、14分に得点を上げられ2-5とさらに点差が開き2Qを終えた。

jouti10.png
▲2点目を決めた大西
 
3点差とさらに厳しい状況で迎えた3Qであったが、ここから東海大の反撃が始まる。4分には藤井が相手ディフェンスの届かない高いリリースポイントでショットを放ち得点を奪うと、10分には根本秀人(工3)がゴーリーの足元をすり抜ける巧みなバウンドシュートをネットに突き刺し4-5とする。追い上げムードとなり次第にグラウンドボールが拾えるようになる。2Qまでは守る時間が長かった東海大であったが、3Qは一変し攻める時間が長くなり主導権を握る。そして13分。村山が相手陣内に切り込みディフェンスを崩し、ゴール前へパスを出す。「俺が決めてやると思った」とパスを受け取った途中出場の菜恵南海(理3)がショットをゴール隅に流し込みついに同点に追いつく。渡邊監督も「いいところにいてくれた。ラッキーボーイ的な感じでいい流れを持ってきてくれた」と称賛した。東海ペースで3Qを終え勝負の行方は4Qへ。

jouti7.png
▲ショットを打つ根本

jouti4.png
▲得点を上げ喜ぶ菜恵(右)

 勝負の4Q。一気に逆転したいところだったが、開始7分、東海ディフェンスがファウルを犯し相手にチャンスを与えてしまうと、豪快なミドルショットで勝ち越される。また、10分には相手のゴール裏からゴール前の速いパスに対応できず得点を奪われてしまい、再度リードを広げられる。しかし、諦めない東海大は13分に八幡龍治(体4)が個人技で相手ゴールに一気に迫り得点を上げ1点差と詰め寄る。試合終了間際、阿萬野の渾身のショットが相手ゴーリーにセーブされ万事休すかと思われたが、大西が油断を見せたゴーリーからボールを奪い、体を投げ出しながらのショットをゴールに決め土壇場で追いついた。そのまま試合は終了し、7-7の引き分けに終わった。
 1部昇格を目指す東海大にとっては痛い引き分けとなった一戦。試合後大西は、「負けてもおかしくない試合だったから、何とか引き分けにできて良かった。グラウンドボールがチームとして取れていなくてよくなかったので、そこを次戦までに修正して次は圧勝したい」と前を向いた。

最後に見せた最上級生の意地
大西貴也(工4)
 1点リードされていた試合終了間際、「気合と根性。おれがやらなきゃいけないと感じていた」と大西が決死のゴールを決め、何とか引き分けに持ち込んだ。その全力プレーはまさに『最上級生の意地』といえる瞬間だった。

jouti8.png
▲ディフェンスをかわす大西

 2年時からリーグ戦に主力として出場していた大西。そんな大西の前には常に長谷川祐介前主将(18年度卒)の『絶対的エース』という大きな背中があった。しかし、最上級生となり今度は自分が後輩を引っ張る立場に。今日の試合もアタック3人中2人が3年生という状況。「下級生はそれぞれ良い個性を持っている。それを引き出させてあげることが自分の役目だと思っているので、今日はそれができて良かった」と大西は試合中、緊張が見える後輩に積極的に声をかけ続け下級生のゴールを演出した。さらに自身は2得点を上げる活躍を見せチームに大きく貢献。試合後、「本当によく頑張ってくれた」と渡邊監督は大西を称賛した。大西は、「まだよくない部分も多くあったので、そこを次戦までにしっかり詰めて、次は4点以上取ります」と笑みを交えながら意気込みを語った。

☆次戦は8月29日、駒沢オリンピック公園運動場第一球技場にて12時50分より学習院大と対戦します。次戦こそ今シーズン初勝利をつかみます。応援よろしくお願いします!

(記事・写真:新村 靖貴)

コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ