【湘南校舎男女柔道部】全日本学生体重別団体優勝大会「悲願の初優勝!涙の体重別団体」

「大学史上初!涙のアベック二冠」
10月19、20日 全日本学生体重別団体優勝大会@ベイコム総合体育館

春の全日本学生優勝大会アベック優勝も東海大至上初だが、さらに歴史を塗り替えた。
昨年、男子部は無念の3位に終わったが、上水研一朗監督(体育学部教授)が以前口にした「有無をも言わせない強さ」を身につけて再び2冠に返り咲く。
女子部は2年前は3位、昨年は準優勝と確実に力をつけ悲願の初優勝を遂げた。

男子部「粘りの決勝戦、勝利への気持ちを立川が請け負う」
失点無しに決勝まで勝ち抜き、期待もかかる。予選とは裏腹に決勝戦は全員引き分けに。代表戦に選ばれたのは立川新(体4)だ。 11分45秒の死闘の末、背負い投げで決めた。
「やるしかないと覚悟を決めた。4年間で一番嬉しい瞬間でした」と話した。
2019102100034643e.jpeg


先鋒 太田彪雅(体4)
「1年間目標にしてきた二冠を達成できて感無量。アベック優勝できたのも本当に嬉しいです」
20191021000241d4e.jpeg


次鋒 山本達彦(体4)
「嬉しさも半分、自分が勝ちにいけなかった悔しさも半分。けれど最後まで戦えて本当によかった」
201910210002556e3.jpeg


五将 内村光暉(体4)
「最高の気分でした。嬉しさと同時にホッとした気持ちが強かった」
20191021000305db4.jpeg


中堅 後藤龍真(体3)
「先輩たちのことを思ったら、やらなければという気持ちが湧く。来年も東海らしい柔道を引き継げるように頑張る」
2019102100031556e.jpeg


三将 渡邊神威(体3)
「チーム全体で戦えた。勝ちきれないところもあったけれど仲間が勝ってくれた、たくさん助けられた」
201910210003260dd.jpeg


副将 立川新(体4)
201910210003561f7.jpeg


村尾三四郎(体1)
「決勝は自分が決めれば…という悔しさも残る。けれど1年生から二冠を経験できたのは本当に嬉しい」
20191021000336d08.jpeg


女子部「悲願!涙の初優勝」
春の団体戦で12年ぶりの優勝に笑顔の花が咲いた6月。今回は二冠を期待されるプレッシャーのなか秋の団体戦も制した。優勝インタビューでは安心感と嬉しさからか塚田真希監督(体育学部講師)が涙を流す。試合直前に急遽メンバーが変わることもあり、決して万全の状態ではなかった。それでも王者の座を譲らなかった強さは本物だ。

先鋒 竹内鈴(体4)
「優勝にとらわれないで、目の前の試合に臨む姿勢だった。最高のチームで優勝できた」
201910202359463de.jpeg


次鋒 河内雪乃(体4)
「本当に最高のチーム。支えてくれた全ての人に感謝です」
20191021000021374.jpeg


五将 香川瑞希(体2)
「めっちゃホッとしました…最初は実感があまり湧かなかったけれど今は嬉しさを噛み締めています」
20191021000035a87.jpeg


中堅 佐藤茜(体4)
「怪我人も多くチームとしては万全な状態じゃなかったけれど勝ちたいという思いが上回った結果だと思う。初めての優勝に自分も貢献できてよかったし、なにより最高の気分です!」
20191021000048a67.jpeg


三将 立川桃(体1)
「絶対に負けたくないし、チームのために勝つことで頭がいっぱいだった。1年生でこんな経験できて幸せ」
20191021000102cb3.jpeg


副将 中原雪乃(体1)
「自分のところで優勝が決まる試合だったから緊張した。チームの勝ちが決まったときは最高に嬉しかった。自分自身の自信もつきました!」
201910210001240f5.jpeg


大将 児玉ひかる(体1)
「課題がたくさん見つかりました…まだまだ強くなりたいし、もっと頼れるチームメートになりたい。でも優勝は本当に最高です!」
20191021000133a38.jpeg


☆次戦は来年の団体戦、新チームになります。これからも東海大学柔道部の応援をよろしくお願いします。

20191021000147779.jpeg

▲嬉し涙を流す塚田監督

20191021000430805.jpeg

▲4年生のみなさま、お疲れ様でした!

あとがき
2年前、私が1年時に初めて見た団体戦が全日本学生体重別団体優勝大会でした。そのときも男子部が準決勝で代表戦を勝ち抜いて優勝したことを覚えています。女子部は当時3位でした。昨年は男子部は3位、女子部はひとつ順位をあげて準優勝しました。ある女子部員の「来年は絶対に優勝するからね!」という言葉が忘れられません。今年は見事、有言実行してくれました。男子部も春から強さに磨きをかけて優勝を勝ち取ってくれました。大学史上初のアベック二冠をまさか自分が伝えられるなんて…。
優勝するまでの過酷な練習や選手のメンタルを考えると、その頑張りを多くの人に知ってほしい一心で記事やブログで発信しています。もっともっとたくさんの人に男女柔道部の魅力が伝わりますように。これからも応援しています。優勝おめでとうございます!(吉倉)

コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

東海スポーツ編集部の公式ブログです!東海大に在籍している学生が、東海大運動部の試合結果や特別企画などを通して選手の活躍を発信しています!

【問い合わせ先】
tokaisports.official@gmail.com

※当団体が撮影した写真の転載及び二次利用は禁止となっております。

月別アーカイブ