【湘南校舎サッカー部男子】#atarimaeni CUP サッカーができる当たり前に、ありがとう! 3回戦 日本大戦 「勢いそのまま、リベンジマッチ制す!」

勢いそのまま、リベンジマッチ制す!

#atarimaeni CUP サッカーができる当たり前に、ありがとう!

3回戦 vs日本大(1/11)3-2

【スターティングメンバー】
GK 1宮﨑浩太朗(体3)
DF 2面矢行斗(体4)
DF 4米澤哲哉(体4)
DF21鈴木颯太(体1)
MF6丸山智弘(文4)
MF11杉山祐輝(体2)
MF15堤太陽(体2)
MF18藤井一志(体1)
MF 29高田悠(体2)
FW8砂金大輝(文4)
FW10武井成豪(体4)

【ベンチメンバー】
GK12阿部輝(体4)
GK22佐藤史騎(文1)
DF5水越陽也(体3)
DF14内田航太郎(体2)
DF25蛯谷空良(体3)
MF13坂本翔(体2)
MF16大屋祥吾(経4)
FW23鈴木朝日(体3)
FW24山本泰雅(体3)

【試合レポート】
 10月2日に行われたアミノバイタルカップ®︎の3回戦で負けた日本大と今大会も3回戦で対戦となった。
 「自分たちのプレッシングがどれだけ機能するかが日大戦のキーポイントだと思っていた」と砂金も話すよう、前からプレスをかけに行き、東海大の強みを生かしたプレーを序盤から展開。とにかく先制点を取る、という気持ちでボールに食らいつき、最初に動きを見せたのは東海大。24分、丸山が蹴ったボールを藤井が頭で合わせて先制点を挙げた。
20210121030940758.jpeg

▲3得点全てに絡む活躍を見せた砂金


続いて30分に杉山が得点を決め差を広げ、前半を2−0で終えた。
 後半では48分に日大に得点を許すが、57分に砂金が蹴ったボールを山田が頭で合わせて得点。山田は途中出場だったが、出場後1分での得点となった。山田は、「試合に出たら得点を決められる自信があった。普段からゴール前に入ることを意識して練習してきた」と話し、試合前に今川正浩監督から山田にかけた、「点を取れ」という今川監督の言葉通り見事なプレーを見せた。その後82分に日大がフリーキックから得点を決め、一点差にまで追い詰められるも逃げ切り、3−2で勝利し、準決勝に駒を進めた。
20210121031102cad.jpeg

▲投入後1分でゴールを決めた山田


 次の試合を見据えて今川監督は、「順天堂大(=準決勝の対戦相手)も格上で手強い相手ではあるが、ここまで勝ち進んできたからには優勝を目指して欲しい」と話した。
 この試合に勝ったことで、東海大としては2000年度の総理大臣杯以来となる全国大会ベスト4以上が決定。また都道府県リーグチームとしても最高タイとなる記録となった。
20210121115834c23.jpeg


20210121115854c6d.jpeg



⭐︎次戦は1月21日に順天堂大と対戦します。決勝進出がかかった大切な試合となります。
 無観客での試合となりますが、応援よろしくお願いします!

(写真:羽吹・記事:清水)

コメント

非公開コメント

プロフィール

TOKAISPORTS

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ